1. TOP
  2. 特集一覧
  3. 国産万年筆の生みの親 セーラー万年筆

国産万年筆の生みの親
セーラー万年筆

セーラー万年筆

2021年に創業110周年を迎えたセーラー万年筆は、国産万年筆の生みの親として知られています。

世界で唯一の「21金ペン先」や、ペンを持つ角度によって文字の太さが変わる「長刀(なぎなた)研ぎ」など、職人技に依るペン先の製造技術に秀でた万年筆メーカーで、「プロフィット21」「プロフェッショナルギア」をはじめ、型破りで機能性を追求した万年筆が揃っています。

またインクの開発にも力を入れており、繊細な色の差異を大切にした150色に及ぶラインナップで色選びの面白さを教えてくれます。

ペン先にかける情熱 世界唯一の「21金ペン先」

21金ペン先

万年筆はペン先の素材・字幅・ペン先自体のサイズによって、その書き味が異なります。
「14金」「18金」といった表記はそのうちの素材に関する表記にあたり、”金”を多く含むほどペン先が柔らかく、筆圧による抑揚が出やすくなるとされています。

セーラー万年筆は世界で唯一「21金ペン先」を手がけているメーカーです。
弾力性のある金が多く含まれていることで筆圧に合わせてよくしなり、インクが途切れない。
自らの筆の運びにぴったりとついてくるような極上の書き心地は、ぜひ一度体感していただきたいものです。

「21金ペン先」と並んで、セーラー万年筆の傑作として知られるのがオリジナルペン先「長刀(なぎなた)研ぎ」です。ペンを寝かせると太い線が、立てると細い線が書けるこの特殊なペン先は、トメ、ハネ、ハライを豊かに表現できることから「最も漢字に適している」とされています。
長刀の剣先のように長く研ぎだした「長刀研ぎ」をはじめ、個性的な見た目が揃ったセーラー万年筆のオリジナルペン先は、万年筆ユーザーの書き癖や困りごとに耳を傾けるなかで、より心地よく書けるペン先を追求したペン職人の遊び心からはじまったといわれています。

SAILOR's FINE PENs

プロフィット21 万年筆

プロフィット21 万年筆


プロフィットシリーズの”顔”とも呼べる珠玉の1本。

「書く」と表現して良いのか迷うほど、するりするりと紙に文字がのっていく極上の書き心地を味わえる「21金ペン先」を搭載しています。

ボールペンやシャープペンシルにはない万年筆特有の書き味は、サインなど大きめの文字を書くときにより一層良さを体感することができますが、ペン先の太さに迷ったときは中細の太さから試してみてはいかがでしょうか。

プロフェッショナルギア

プロフェッショナルギア


プロフェッショナルギアはプロフィットシリーズの性能をそのままに、よりカジュアルなシーンでも使いやすいデザインを目指して開発された万年筆です。

フラットな天冠にはセーラー万年筆の歴史と縁が深く、また古くから信頼と希望のシンボルともされるブランドの象徴・錨(いかり)のマークが施されています。

よりコンパクトで持ち歩きしやすい「プロフェッショナルギア スリムミニ」も人気です。

伊東屋のおすすめ

  • 長刀研ぎ

    長刀研ぎ 万年筆

    最も漢字に適しているとされる長刀研ぎの万年筆。ペンを寝かせると太い線が、立てると細い線が書ける特殊なペン先により、文字のトメ・ハネ・ハライを美しく表現することができます。創業以来、脈々と引き継がれてきたペン職人の技が光る逸品です。
  • 四季織

    SHIKIORI-四季織-

    「日本の自然が織りなす、四季を感じる万年筆」をテーマにした人気シリーズ。「春空」「万葉」といった和を感じる美しいネーミングは万年筆に対する”お堅い”イメージを替えるべく考案されました。同じく四季をイメージして作られた「四季織インク」と合わせてギフトとしても人気の高い万年筆です。
  • 極黒

    万年筆用顔料ボトルインク 極黒

    にじみにくく、裏抜けしにくい黒色の顔料インクです。 ”極黒”の名の通り、同色の染料インクと比較して黒の色を濃くはっきりと書くことができます。裏抜けしにくいという特性から、手帳との相性が良いインクとして人気を集めています。