1. TOP
  2. 特集一覧
  3. お気に入りのワインを最高の状態で マークトーマス ダブルベンドワイングラス

お気に入りのワインを
最高の状態で

マークトーマス
ダブルベンドワイングラス

マークトーマスはガラス加工技術が世界最高峰といわれる、オーストリア・ウィーンのグラスウェアブランドです。 リード(鉛)フリークリスタルを使用し、昔ながらの吹き硝子製法で手作りしたマークトーマスのグラスは、ホテルやレストラン、バー等、ワインテイスティングが多い業界へ出荷され、国際的に高い評価を得ています。

POINT
ワインが美味しくなる秘密

ダブルベンドシリーズは、視覚から味覚まで全ての感覚に訴えかけます。グラス内で二回(ダブル)曲がる(ベンド)という革新的で特別な成形により、グラスをクルクルと回す事でその角度が対流を生み出し、ワインに早くよく空気を含ませることができます。ワインは瞬時に酸化熟成され、厚みと豊かな味わいをもたらします。一口飲めば、味の変化に驚かれることでしょう。まるで魔法のような体験を、どうぞお楽しみ下さい。

手軽に美味しいワインを

  • そそぐ適量がわかる

    ダブルベンドシリーズは、ワインを注ぐ適量を教えてくれます。 最初のベンドはテイスティングに理想的な量、二番目のベンドは標準的な一杯の量を示します。

  • お手入れが楽

    一酸化鉛を除去して製造されたマークトーマスのワイングラスは、ハンドメイドでありながら機械生産のグラスと遜色のない堅牢性と耐久性があり、食器洗い機の使用が可能です。 頻繁に洗浄してもグラスが曇ったり透明性が失われたりする事はありません。

POINT
飲み方で変わる4つのグラス

ワインはグラスを傾けた時に口へ流れ込む量や、舌が当たる位置で味や香りが変化します。異なるデザインのグラスは、それぞれのワインの特徴を最大限引き出し、目にも美しく見えるように緻密に設計されています。飲み方に合わせて相性の良いグラスを選べば、さらに最高の状態で楽しむことができます。

  • 2140 シャンパン

    2140 シャンパン

    全てのスパーリングワイン、特にシャンパーニュに。 また、スウィートワインにも合います。

    ¥5,500(税込)


  • 2100 ホワイト

    2100 ホワイト

    若い辛口の白ワイン、リフレッシング(キレの有る爽やかな口当たり)なロゼワイン、ヴィンテージのシャンパンにおすすめです。

    ¥4,950(税込)


  • 2110 オールラウンド

    2110 オールラウンド

    万能タイプなワイングラス。 特にミディアムからフルボディの白ワイン、または赤ワインに理想的です。

    ¥5,280(税込)


  • 2120 レッドエクスプレション

    2120 レッドエクスプレション

    特にエレガント(軽めで香り高く酸味がきれい)なワイン、ボルドーブレンド、オーク樽熟成の白ワインにぴったりです。

    ¥5,500(税込)


POINTソムリエのおすすめ



高級ワインのように、本当に飲み頃になるまで熟成され、出荷されているワインはごくごく一部です。

私たちがデイリーで飲み頃のワインを飲むためのいちばんスタンダードな方法は、ワインセラーでその時期が来るまで寝かせておくというもの。しかし、ワインセラーを持っていなかったり、時間が掛かったりと面倒です。

このダブルベンドワイングラスは、買ってきたワインをすぐ飲み頃の状態にしてくれます。このグラスならば、まだ若く固いワインが、まろやかさが増し、より熟成したものになります。その他にも樽の特徴が和らいだり、複雑さが出たりとワインが驚くほど瞬時に開いて、ただただ美味しくなります。

難しいことは考えずに、まずはくるくるとワイングラスを回して、ご自身の舌でその変化をお試しください!

CAFE Stylo ソムリエ 滝田貴宏

POINT熟練の職人たちのチームワークで生まれるグラス

ガラス工芸の地
チェコへ!

オーストリア・ウィーンから車を走らせ、2時間あまり。見渡す限りの緑、時々小さな村といったのどかな風景が広がる道を進み、国境を抜けた先、チェコにそのガラス工場はありました。
チェコが誇る世界最高峰の技術と品質を存分に活かして、このグラスは作られているのです。



グラス作りは、大胆さと繊細さが同時に求められる、非常にデリケートな作業です。
グラス作りはチームで行われます。
まず一番はじめの人がガラス玉に空気を入れ、ベースの部分を作り、2番目の人が手彫りの型にはめてかたちを整え、3番目の人が持ち手の柄の部分を延ばし、4番目の人が底部分をつけ…という風に、順番にグラスが受け渡されて出来上がっていきます。


驚きなのは彼らのチームワーク!
声かけはもちろん、アイコンタクトもなしに、タイミングばっちりでグラスが受け渡されていきます。
後ろ手で受け取ることもあるのになぜ…と驚きでしたが、その4人チームはずっと固定で入れ替えなどはなく、誰かが風邪で休むともうチームごと稼動しなくなるそうです。
「だから彼らには同じ期間にバカンスをとってもらわないといけないんだ(笑)」というのが本当だったのか冗談だったのかは分かりませんが、あのノールックの受け渡しは作業を積み重ねることで出来上がった阿吽の呼吸なのだと納得しました。
ちなみにこのガラス工場では様々なデザイナーのグラスを数多く作成していますが、このグラスを作れるチームは少なく、まさに少数精鋭なのだそう。
その後グラスは入念な検品や磨きの過程を経て、完成します。
マークトーマスのワイングラスは、熟練の職人の方々のチームワーク、丁寧な仕事ぶりによって、一つ一つ作られたこだわりのグラスなのです。

【MARKTHOMAS 公式サイト】

  • ワイングラス ダブルベンド 2140 シャンパン

    マークトーマス

    ワイングラス ダブルベンド 2140 シャンパン

    ¥5,500(税込)

  • ワイングラス ダブルベンド 2100 ホワイト

    マークトーマス

    ワイングラス ダブルベンド 2100 ホワイト

    ¥4,950(税込)

  • ワイングラス ダブルベンド 2110 オールラウンド

    マークトーマス

    ワイングラス ダブルベンド 2110 オールラウンド

    ¥5,280(税込)

  • ワイングラス ダブルベンド 2120 レッドエクスプレション

    マークトーマス

    ワイングラス ダブルベンド 2120 レッドエクスプレション

    ¥5,500(税込)