1. TOP
  2. 特集一覧
  3. ドイツのクラシックデザイン KAWECO
  • KAWECO

ドイツのクラシックデザイン

カヴェコは、1883年にハインリッヒ・コッホとルドルフ・ウェバーの2人により創業。
1909年に画期的な技術を取り入れた、安全繰り出し式のセーフティ万年筆を開発したことで知られるドイツの筆記具ブランドです。

代表商品は1911年に発売された「カヴェコ スポーツ」
なかでも「カヴェコ クラシックスポーツ」のシリーズはミュンヘン・オリンピック開催の際に公式ペンとして認定された実績を持つペンです。

「カヴェコ スポーツ」をはじめ、クラシックで独創的なデザインと高い品質を誇るカヴェコの筆記具は40か国以上で販売されています。

よみがえった逸品

創業より100年以上の歴史を歩んできたカヴェコですが、その道のりは決して平坦ではありませんでした。

1976年、カヴェコは世界中のファンに惜しまれながらも、一度その歴史の幕をとじます。
その後、1995年。ドイツのグットバレット社により復刻され、世界を魅了した名品が当時の面影をそのままに息を吹き返します。

人々の心に強く残る、デザインと品質で復活を遂げたカヴェコ。
創業者であるコッホ(Koch)とウェバー(Weber)、2人のイニシャルにCompanyを足して作られた、天冠に輝くロゴが目印です。

marble

カヴェコ スポーツ

カヴェコを代表する、ポケット万年筆のシリーズ。
発売当時スポーツマンをターゲットに見据えた商品であったことから「カヴェコ スポーツ」の名がつけられました。

キャップを閉じた状態だと大きさわずか10.5センチ。キャップを軸の後ろにつけることで、ペンの標準的なサイズ(13センチ)となります。
ミュンヘンオリンピックの公式ペンとして選ばれた実績を持つ「クラシックスポーツ」や、時々のトレンドカラーを取り入れ、ファッション・コーディネートしやすい「スカイラインスポーツ」など。
その携帯性、機能性もさることながら、豊富なデザインラインナップとクリップやペン先のカスタマイズ性の高さでも人気の商品です。

■種類
万年筆/ボールペン/シャープペンシル など

leather

カヴェコ スペシャル

1930年代の事務用ペンシルをイメージしてデザインされたシリーズ。
かつては素材としてエボナイトを使用していましたが、現在ではマットブラックのアルミニウム製、重厚感のある真鍮製の2種類となっています。
八角形軸の細身のボディーで手にフィットする使用感は抜群。
0.5mm、0.7mm、0.9mm、2.0mmと4種類の芯径が揃ったペンシルを中心に、若い世代から「デザインと上質な機能性を兼ね備えたシャープ」として人気を集めています。

■種類
万年筆/ボールペン/シャープペンシル など