ホーム

店舗情報

G.Itoya

フロアおすすめ情報

STORE NEWS 店舗新着情報

10F

G.Itoya

2016.07.26

G10Fビジネスラウンジ 折花と4人の作家展 8月5日(金)~7日(日)

開催日:2016年8月5日(金)~7日(日)
開場時間:5日/15:00~18:00、6日/10:00~20:00、7日/10:00~18:00

『折花』は、三谷基が7年前にたった一枚の紙から生み出した折り紙と切り絵を融合したような、
新しいおもてなし芸術です。
すべての『折花』はわずかな時間で、一枚の紙を切って折ることで生まれます。
もともとはアロマオイルをセンターに垂らして楽しむためのアロマディフューザーとして生まれました。
今ではそのシンプルな家紋のような造形から多くの展開が広がっています。
またとても強力なコミュニティーツールで、世界中のどんな方とでも直ぐに仲良くなれる不思議な力を持っています。

この7年間で代官山、パリ、ニューヨークなどで個展やワークショップを開催し、
フランスでは既に200人以上に、国内でも1000名以上の方に教えています。

折花画像本文.jpg

【作家紹介】
三谷基 mitani motoi
多摩美術大学建築科卒、約30年前に有限会社エーアンドイー設立、現代表。
グラフィック、プロダクト、建築、インテリア、外構設計、
大手デベロッパーの住居系プロジェクトの調整。
折花を7年前にゼロから生出す。

徳田吉泰 tokuda yoshihiro
多摩美術大学彫刻科卒 
小さな頃からの夢であるカーデザイナーとして本田、メルセデスベンツで勤務後、
現有限会社クロコアートファクトリー代表。
主に鉄を素材としたロートアイアンの彫刻家。

石田眞利mari ishida
多摩美術大学大学院美術研究科修了、1993第29回神奈川県美術展 特選、
2008   日本現代彫塑展(巣雅画廊/上海)、
2014visual points vol.Ⅲ(金沢21世紀美術館)その他公募展、個展多数。 
主に木を素材とした作品を制作。

大貫真寿美 masumi ohnuki
多摩美術大学大学卒業、大学院研究生修了。 スペインミニプリンツ 
1995プリンツ21 大賞展 特選受賞、2015山本鼎版画大賞展、その他多くの公募展、
グループ展に参加。個展26回開催。
日本版画協会展会員。主に油彩、版画による作品を制作。

坂本睦月 mutsuki sakamoto
多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン研究領域卒、現同大統合デザイン学科副手。
2011六本木AXIS 選抜展、
2013金沢21世紀美術館市民ギャラリー「こうさくてん」等、「自然と人工の境界」をテーマとして制作活動中。


【お問合せ】
折花
orihana.com  内の問合せフォームよりお願いいたします。

【ご案内】
こちらのイベントでは、メルシーカード、ギフトカードなど伊東屋の各種ご優待カードはご利用頂けません。
予めご了承下さいませ。